物流コストを削減するための方法とは?

こんにちは!愛知県大府市に拠点を置き、東海三県や関西・関東などをはじめ全国各地で運送業務を担っている、株式会社敬愛ラインです。
運送会社にとって物流コストの見直しは、常に付きまとう業務です。
もしコストが上がっていれば、お客様からいただく費用も引き上げないと採算が合わなくなってしまいます。
物流コストの見直しは、運送会社はもちろん運送を依頼するお客様にもかかわってくることなのです。
今回は、運送会社が行っている物流コストを削減するための方法をご紹介いたします。
お客様が安心して依頼できるよう行っている取り組みですので、お荷物の運送依頼を検討されている方にはぜひ知っていただきたいと思います!

エコ運転を徹底する


物流コストを削減する方法のひとつとして挙げられるのが「消費燃料を節約してエコ運転をすること」です。
トラック運送中に急発進や急停車をするとエネルギーロスが発生し、燃料を無駄に消費してしまいます。
急発進や急停車をしないよう注意し、エコ運転ができれば燃料費の削減が図れるでしょう。
また、燃料費を削減することは、環境保全や空気汚染の予防にもつながります。
弊社でも、物流コストだけでなくCO2の削減も目指してエコ運転を心掛けています。

自社で車両整備を行う

物流コストには「車両の維持費」も含まれますが、車両の維持費負担は運送会社に大きくのしかかります。
ちょっとした部品修理や車検でも、業者に依頼すると台数によっては大きな負担となるのです。
そのため、タイヤ交換や車両点検などをできる限り自分たちで行い、物流コストの削減を目指している会社は少なくありません。
弊社でも、自社で車両整備を行うことで物流コスト削減を目指し、よりご満足いただける運送サービスをご提供できるよう努めています。

適切な人員配置

物流コストの削減を考える際、一番削減しやすいのが人件費です。
そのため、物流アウトソーシングサービスの利用やシステムを導入して業務効率化を図り、物流業務に割く時間を減らしている会社もあるようです。
また、弊社のように自社で積極的に人材を雇用し、余裕ある運送体制を整えているところもあります。
弊社では若年層や女性を積極的に雇用し、多様性ある人材を確保することで、スタッフ全員に負担をかけない余裕のある運送体制を築いています。
積極的な人材確保は一見コストがかかっているように見えますが、単に人を増やすわけではありません。
多様性ある人材を多く確保できれば適切な人員配置がしやすく、一人一人の残業時間も減らせるため、結果的に物流コスト削減につながるのです。

運送会社をお探しの方へ


弊社は、塗装原料・自動車の部品・建築資材などを運ぶ運送会社です。
大型トラックや中型トラックを取りそろえ、お客様のご依頼にしっかりお応えしております。
対応エリアは東海三県がメインですが、他にも関東地域や大阪など、お客様からご要望があれば柔軟に対応いたしますので、ぜひお気軽にご依頼くださいませ。

【求人】トラックドライバー募集中!

株式会社敬愛ラインでは、トラック運転手として働いてくださる方を募集しております。
普通自動車免許さえお持ちであれば、経験や資格の有無、学歴は一切問いません。
大型免許やフォークリフトといった資格の取得費用は会社が全額負担いたしますので、資格をお持ちでない方でもご安心ください。
経験がなくても、資格を持っていなくても「プロになりたい」という強い思いがある方はぜひ採用情報ページからご応募くださいませ。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

愛知県名古屋市で塗料運搬や建築資材運送は株式会社敬愛ラインへ
ただいま大型トラックドライバーを求人中です!

〒474-0001 愛知県大府市北崎町茨山44
電話:0562-57-0431 FAX:0562-57-0432

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

今年初の新車納車

今年初の新車納車

1月21日、本日今年初の新車が納車されました。今回の車輌は17スーパーグレートなのにMT車の導入です …

リフト講習

リフト講習

今日は、新人さん2人にフォークリフトの研修です。 トラックに積み卸がしっかりできないと、うちの会社で …

静かな土曜日

静かな土曜日

まだまだ暑い日が続いていますが、体壊していませんか⁇ 体が資本のドライバーさん達も日々、過酷な仕事に …